ZAIF

    agregerg




    https://comsa.io/ja/54500.html

    仮想通貨をモチーフにしたスイス製高級腕時計を限定販売

    Chronoswiss社製、限定コレクション全5種を各101個、モチーフとする仮想通貨による入札で、Zaif 仮想通貨取引所にて販売

    テックビューロ・ヨーロッパ 株式会社(英語名:Tech Bureau Europe S.A.、本社:スイス連邦ツーク州、以下「テックビューロ・ヨーロッパ」)は、世界的な機械式腕時計ブランドであるChronoswiss社と、仮想通貨をモチーフにした 「クリプトデザイン」高級腕時計コレクション(全5種)を製作いたしました。テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、以下「テックビューロ」)が運営するZaif 仮想通貨取引所にて入札による限定販売を実施いたします。また、スイスを拠点とするテックビューロ・ヨーロッパとChronoswiss社は、スイスをその開催地としてCOMSAプラットフォームにおけるICOの実施について検討を始めました。

    Zaif 仮想通貨取引所で限定販売

    本腕時計は、Zaif 仮想通貨取引所に登録している方なら誰でも参加可能です。オークションでは、トークンと同様に腕時計が取り扱われ、モチーフとする仮想通貨によってそれぞれ入札できます。入札は買い注文を入れる事で簡単に行われ、各シリーズの上位101番目までの高額入札者が、腕時計の所有権を獲得します。

    (※中略、全文はソース元へ)

    【【朗報】COMSA急騰!!! スイスの会社とICOの実施について検討開始!!!      #仮想通貨 $COMSA 】の続きを読む

    fwrgqwrgr3


    【仮想通貨】「Zaif」トップページから剛力彩芽さんの写真削除 「行政処分受け自粛」



    1: 名無しさん 2018/03/09(金) 12:04:23.49 ID:CAP_USER
    テックビューロは3月8日、仮想通貨取引所「Zaif」のCMキャラクターを務めていた女優の剛力彩芽さんの写真を、Zaifのトップページから削除した。金融庁から同日、業務改善命令を受けたため、剛力さんのイメージが悪化する可能性があることなどを考慮し、「写真掲載を自粛した」という。

    Zaifは2月16日から、剛力さんを起用したテレビCMを全国で放送開始。サイトトップページにも剛力さんの写真を掲載していたほか、CM動画をYouTubeで配信していた。テレビCMの契約期間は既に終了しているが、YouTubeのCM動画は残しており、トップページの写真も掲載したままだった。

    金融庁は8日、Zaifについて、「システム障害や、不正出金・不正取引など多くの問題が発生しているが、経営陣は、その根本原因分析が不十分であり、適切な再発防止策を講じておらず、顧客への情報開示についても不適切」などと指摘し、テックビューロに対して業務改善命令を出した。同社はこれを受けて8日、剛力さんが出演するCMのYouTube動画と、トップページの写真を削除した。

    仮想通貨取引所とCMキャラクターをめぐっては、「Coincheck」を運営するコインチェックも、出川哲朗さんを起用したテレビCMを展開し、Webサイトにも出川さんの写真を掲載していたが、1月に起きたNEM流出事件を受け、CMの放送を休止し、サイトから写真を削除した。
    2018年03月09日 11時19分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/09/news082.html

    【【仮想通貨】「Zaif」トップページからあの写真が削除されていた・・・    #仮想通貨】の続きを読む

    brwwef




    仮想通貨取引所「Coincheck」から流出した仮想通貨「NEM」が、日本の別の取引所「Zaif」に大量に流入しているとの報道について、Zaifを運営するテックビューロから3月5日夕、ITmedia NEWSにコメントが届いた。

     テックビューロは、「捜査に協力を求められた場合は、最大限協力する」とした上で、「報道内容には一部事実と異なるものもあり、弊社に回答を求めるよう主張されるものもあるが、弊社が情報を公開することは、むしろ犯罪の捜査及び仮想通貨業界の健全な発展を阻害することが懸念される」と、取材に対応しない理由を説明している。

    (※中略、全文はソース元へ)

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/05/news107.html

    【盗難NEMがZaifに大量流入している件についてZaifがコメント!!! → ご覧下さい・・・    #仮想通貨 $XEM】の続きを読む

    jtyhrthbr


    【仮想通貨】コインチェック流出NEM、「Zaif」に大量流入 8億円分超 「CoinPayments」経由でモザイク消す


    1: 名無しさん 2018/03/05(月) 14:08:53.22 ID:CAP_USER9
    ◆コインチェック流出NEM、「Zaif」に大量流入 8億円分超 「CoinPayments」経由でモザイク消す

    仮想通貨取引所「Coincheck」から流出した仮想通貨「NEM」が、日本の別の仮想通貨取引所「Zaif」に大量に流入していることが分かった。
    3月4日までにZaifに流入した総額は、約2260万XEM(4日夜のレートで約8億円分)以上。

    盗難NEMの資金洗浄にZaifが利用されている可能性がある。
    ITmedia NEWSは、Zaifを運営するテックビューロに対して対応を問い合わせているが、5日午前9時までに回答はない。

    コインチェックが運営する「Coincheck」から5億2630万XEM(当時のレートで約580億円相当)が流出したのは1月26日。
    その後犯人は、匿名通貨「DASH」を経由して資金洗浄を企てたとみられるほか、盗んだNEMを販売するサイトをダークウェブ上に立ち上げたとみられ、このサイトではNEMの売買が活発に行われている。

    NEMのブロックチェーンを分析して流出NEMをトラッキングしている匿名のエンジニアによると、ダークウェブの販売サイトでNEMを購入した複数の人(犯人、または犯人からNEMを購入した第三者)が、仮想通貨の決済プラットフォーム「CoinPayments」を経由し、Zaifなど複数の仮想通貨取引所に、NEMを入金しているという。
    Zaifへの入金は2月22日から続いており、3月4日までに約2260万XEM(約8億円分)以上が流入しているという。

    「流入が続いているということは、Zaifに送金したXEMの他通貨への交換がうまくいっている可能性がある」とこのエンジニアは指摘。
    ダークウェブからZaifに送金しているアドレスは複数に分かれているが「2つのグループによるものだろう」とみている。

    日本の取引所で入金が確認されたのはZaifだけ。
    Bittrex(米国)やPoloniex(同)など海外の取引所への入金もあるが、Zaifへの入金額は目立って多いという。

    コインチェックから流出したNEMを扱ったアドレスには、NEM財団が付けた「モザイク」と呼ばれるマークが付与される。
    大手仮想通貨取引所の多くは、NEM財団からの要請を受け、コインチェックからの流出NEMを示すモザイク付きアドレスからのNEMの入金を拒否している。
    Zaifもこの対応を行っているとみられるが、なぜ、入金が続いているのか。

    このエンジニアによると、ダークウェブ上で犯人から購入した流出NEMを、いったんCoinPaymentsに送金し、CoinPaymentsから取引所に入金させることで、モザイクがないアドレスからの送金に見せかけているという。
    ダークウェブ上で犯人から購入されたNEMを受け入れていた海外取引所のうちいくつかは、NEMの入金を停止したという。
    「Zaifも、モザイク付きアドレスからの入金と同様に、CoinPaymentsから現在流入している入金を拒否し、他通貨への交換などの取引ができないようにするべきだ」と、このエンジニアは指摘している。

    ITmedia NEWS 2018年3/5(月) 9:31
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/05/news055.html

    【【愕然】流出した汚NEMが「Zaif」に8億円分超も大量流入 → Zaifに汚NEMが入金できてしまう理由がこちら・・・    #コインチェック $XEM】の続きを読む

    uuytf


    【取引所】 zaif part48【zaif.jp】


    851: 名無しさん 2018/03/02(金) 02:38:20.90 ID:JZX1Ii1Q
    不正出金の被害者放置していきなりこれか。
    「Zaif」が仮想通貨流出の被害者に補償方針通知 運営元のテックビューロ、「同額の仮想通貨を返却」
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/030100787/

    テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif」で仮想通貨の不正出金・不正取引が発生した問題で、同社が複数の利用者に対して、被害額と同額の仮想通貨を返却する方針を通知したことが日経ビジネスの取材でわかった。

    テックビューロは1月10日、1月6~7日にかけて同社が利用者に発行している「APIキー」が悪用され、10人分のアカウントについて合計37件の不正出金が行われたほか、15人分のアカウントで合計137件の不正注文があったと公表した。アクセス元については海外のホスティング会社のものと思われる4つのIPアドレスからの接続を確認しており、APIキーの漏洩経路の特定は調査中としていた。

     複数の被害者によると、2月23日にテックビューロから「APIキー不正利用の件について」というメールが届いた。手続きの詳細や実施時期については改めて連絡するとした上で、不正出金について「同額の仮想通貨を返却いたします」と記載されていた。不正取引に関しては、希望する利用者については取引前の状態に戻すとした。

     APIキーの漏洩経路については依然として判明していない。テックビューロが被害者に対して行った利用状況のヒアリングでは、漏洩につながる共通事項はないと確認されたという。一方で、同社のシステムにも欠陥や漏洩の痕跡は見当たらなかったとしている。

    (※中略、全文はソース元で)

    【Zaifさん、仮想通貨流出の被害者に補償方針通知・・・    #仮想通貨】の続きを読む

    このページのトップヘ